11月はじめに、ヴィオラ奏者の糸永衣里さんの企画で、ゲストとして呼んでいただきました。

1日目は、国東町の岩戸寺さんのライトアップイベントにて。

築100年以上の茅葺の御堂にて。

素晴らしいシチュエーションで演奏させていただきました。

そして打ち上げでは、朝釣ってきたブリの刺身。。。などなど美味しいものばかり。

そしてカボス!

本場のカボスを頂きました。

そして、別府の宿で温泉に浸かり、楽しい1日が終わる。

温泉ていいなぁ。別府ってあちこちに温泉があってユゲデモクモク。

2日目は、大分市内のプティアリサという素敵なカフェにて。

大分に来るのは6年ぶりくらいなのですが、懐かしい友人達も駆けつけてくれて、本当に嬉しいコンサートになりました。

今回は、糸永さんの音楽仲間に混ぜて頂きましたが、皆さんとても素晴らしい方で、とても気持ちよく演奏させていただきました。

ピアノ、都留敬比公さん。ベース:奥川文夫さん。ベース木村英夫さん。

そうそう、Ren監修オーガニックリップなのですが、プティアリサのオーナーさんが気に入ってくださり、お店に置いていただけることとなりました。

ぜひカフェに来てみてくださいね〜。

そして別府といえば、関サバ。

絶品ですね!

そしてカボス。

またカボス。

さらにカボス。

カボスって、こんなにも普通に料理に使うのですねぇ。サンマにかけるくらいしかイメージがなかったので、なんだかいろいろ楽しみになりました。

糸永さん素晴らしい機会をいただき、本当にありがとうございました!

お越し下さった皆様も本当にありがとうございました。

また会う日を楽しみにがんばります!!

しかし、、、大分弁って良いなぁ〜。

〜ちゃ、とか、〜けんね。とか。可愛らしさと強さとなんとも言えない心地よいリズム感。

糸永さんもっと普段から大分弁出せば良いのに。

おすすめの記事