埼玉県川口市の青木中央小学校の音楽教室にて演奏させていただきました。

5.6年生で300人というとても大きな学校です。

皆さん静かに、そして元気に聴いてくれました。

拍手が気持ちよかった〜。

拍手が見事!

細かくそしてあびるように降り注ぐ拍手。

拍手の練習もしているそうです。

音楽家やっててよかったーというくらい美しい拍手に迎えられ、楽しく演奏させていただきました。

フォルクローレはもちろん、子供たちの知っている曲など、そして南米に行った時の写真をスライドで見てもらったりと、たっぷりとケーナを楽しんでいただきました。

子供たち、未来の宝たちの前での演奏はまた少し心構えが違いますね。

何か一つだけでも心に残ってもらいたい、それが少しでも人生に役に立って欲しいなぁ、、、なんて思ってしまいます。

歳とったな、、、

ま、残る人は残るし、残らない人は残らないで良いんですよね。

一生懸命吹いている姿だけは見せておこう!というくらいかな。

中央小の皆んな、ありがとう!

そして企画をしてくださった先生方、いつもお世話になっている今回もご紹介してくださった川口市支部長のSさんご夫妻!本当にありがとうございました!また次回も頑張ります!

それから、川口市は鋳物の町。

鋳物で作ったケーナを吹きましたが、やはり子供たちはとても喜んでくれました。

授業の一環として、全員が鋳物工場を見学に行っているそうです。

川口の技術の結晶の鋳物の#ケーナ。

カンと響くなんとも言えない良い音です。

またどこかで吹こう!

おすすめの記事