鹿児島で取った竹が自宅に届きました。

乾燥させて寝かせたら、ケーナ材になるのは3、4年後くらいかな。

と、実は鹿児島から移植したホウライチクが家にはあります。

15年くらいの株です。

大きくなりすぎたので、ごっそり間引く事になりました。

父と共にチェーンソーで。

だいぶ真ん中に穴を開けました。

おかげで古い竹が取りやすくなりました。

取った竹を比べると。

栃木のホウライチク
鹿児島から届いたホウライチク

いや、、、風格、迫力が違いすぎる。

ウチの竹はお坊ちゃんって感じですね^_^

もう少し年数経たないとダメなのかな?

一つ気づいたことは、栃木の竹には虫が1匹もいなかったこと。

鹿児島は虫食いとの戦いですが、移植するときに虫はかなり気をつけたので、全くいないようです。

これは物凄く良い!!

さて、どんな竹になるか楽しみ!!

ホウライチクの株の中、、、

顔を突っ込んで眺めているだけで幸せ^_^

この感覚分かる人いるのかな?(笑)

間違いなく少数派ですよね、、、

おすすめの記事